前田 達郎
Tatsuro Maeda
Body Lounge -SyN- 代表
資格

柔道整復師・鍼灸師

経歴

高崎・前橋の鍼灸接骨院勤務(10年間在籍)



私の治療家としての存在価値・・・。


「開業していなければ...」


「運動(トレーニング)を取り入れた治療技術を学ばなければ...」


今思うと、本当にゾッとする想い。


情けないですが、私はそれまで

「治療家として全く価値のない存在」。


私はこれまで

働いていた病院やスポーツ現場を通して


大きなケガから小さなケガまで

たくさんの方を治療。


病院では、痛いところに電気をかけて

痛いところをマッサージして

痛みが強ければテーピングをして


痛みを少し取る

または全く痛みが変わらないような


「流れ作業のように決まったこと」を

次々に淡々とお客様を治療。


そして、スポーツ現場では

治療が目的ではないので


練習や試合に向けて

身体のパフォーマンスを上げるため

マッサージやストレッチだけ。


これらやっていることに対して

一切疑問にも思わなかったし

自信を持って治療などをしていた。


ですが、ある日の出来事を境に

これまでやってきたことが


治療家として

あるまじき行為だったと感じる。


それは

自身のレベルアップのために

気になっていた


テーピングの講習会に行ったことが始まり。


その講習では、テーピングのみで


痛みをとったり

筋肉をゆるめたり

力を入れやすくしたり


講習会にいた

痛みのある生徒の

痛みが取れたり


これら圧倒的な効果を

目の当たりにし

感動を覚えた。

「テーピングで全てが完結する」


それと同時に

病院でやっている

電気治療やマッサージに


不信感を抱く。


私はこれまで病院で

その日に痛みを取ったことがなかった。


でもその反面、病院以外でも


「お客様を治せる!」


そう期待を抱いた。


これが私の

「医療従事者としての存在価値」を

考えるキッカケ。


これまでのお客様のケガは

どのくらいで良くなっていっただろう?


そう思ったとき


時間が経って痛みが良くなっているだけかも...


と思うようになる。


ということは

病院で良かれと思って

やっている治療は


少し痛みを減らしているだけで

治してもいないし

ただお金儲けのために


お客様を

長く通わせていることに気付く。


私が働いていた病院は

接骨院だったので

保険診療が中心。


お客様の支払いも

3割しか支払わない。


安くて通いやすいから通う。


病院としては

窓口の利益が少ないから

通わせたい。


双方に徳があるから

成立している関係性。


でも私たちは治療家。


大人の事情(ビジネス)で

お金稼ぎにお客様を利用していたことに

腹立たしさを感じた。


もちろん通わせれば

通わせた分だけ

病院は稼げる。


だから治さないのかもしれない。

本当は治せないのかもしれない。


今では多くのお客様を

救えるようになったが

当時の私は治せなかった。


本当に情けないくらいの


「無価値」。


でも痛みが出れば

頼るところは病院しかない。


だから病院に行く。


元々「治せなかった治療家」から

言われる筋合いはないかもしれない。


けど

当ジムを見つけてきてくれたからこそ

伝えたい。


そのようなお金儲けに

利用されてほしくない。


治療をしてあげることが

良いことでもなく

当たり前でもない。


「治してこその治療家」


それこそが

我々の存在価値そのもの。


なので私は

そのような病院では働きたくない

未来がないと思い


2021年1月に開業を決意。


ただただお客様を治したい


ただそれだけの

純粋な強い想いを込めて


高崎市に


一生腰が痛くならない身体創りをする

腰痛特化のパーソナルジム


を開業。


私は「治療家」。


痛みを良くしてあげる

痛みをなくしてあげることが

最低限の仕事。


だからこそ、まずは

電気治療ができなくても

テーピングなどがなくても


手ひとつで、いつでもどこでも

痛みが取れる治療家になれるよう


ゼロから身体の仕組みや

治療技術を開業前に学び直す。


そこで


「一生痛みを出ないようにするために」


最も重要なのが


「運動(トレーニング)」


だということに気付く。


この学びこそ

私が「治療家」という存在に

価値をつけられた瞬間。


当ジムで、運動(トレーニング)を

取り入れた治療をされたお客様は


「気づいたら、腰痛に悩むことが無くなってました!」


「痛みがないことが当たり前で気づきませんでした!」


「今でも教えてもらった運動(トレーニング)を続けています!」


と口を揃えて言う。


痛いところの筋肉をほぐして

痛みを和らげることはとても大事。


私も開業する前は

それが全てだと思っていた。


ですが、そのような

痛いところの治療をされた

経験のあるお客様は


みんな口を揃えて


「痛みは無くならないもの」


「痛みが無くならないのを知っているから、途中で治療をやめる」


と言った。


今だからこそ分かるが

痛みが無くならない

根本的な理由は


痛いところにはないことがほとんど。


腰が痛くなる習慣(姿勢や動き方)が

変わっていないだけ。


大事になってくるのは

筋肉をほぐしてから

動きやすい状態をつくり


痛くならない習慣を

運動(トレーニング)で

身に付けていくこと。


とは言っても


「運動(トレーニング)する病院なんて知らないし・・・」


「ジムに通えば良いってこと・・・?」


「運動(トレーニング)で痛みが無くなることなんてあり得るの・・・?」


と思われる方がほとんど。


だから

どうすれば良いか

分からない。


そういうときは

1人で悩まず一度私にご相談して欲しい。


「腰の痛みが取れないんですが、どこに行けば良いですか?」


など、なんでも構わない。


少しは悩みが晴れるかもしれない。


ご相談だろうと

あなたと真剣に向き合い

耳を傾けたい。


高崎市にある

【一生腰が痛くならない身体創り】をする

腰痛に特化したパーソナルジムは


そのようなお悩みのある方が集うジム。


だから、絶対1人で悩ませない。


腰痛で悩んでいる方が

少しでもいなくなってくれることを願う。